電話代行とは

みなさんは、電話代行サービスというのを耳にしたことはあるでしょうか。一般的には、依頼者のかわりに電話応対をするサービスのことをいいます。歴史は意外に古く、昭和40年代頃からサービスが始まっていました。個人事業主などが出張などで不在がちな場合や、小規模な事務所での昼休憩時間対応、少人数の事務員しかいない場合でも、少しでも多くの電話を受けたい場合などに必要となる場合が多く、その依頼は年々増えています。特に個人事業主など小規模な企業の場合は、電話の市外局番などから察して、丸の内などのいわゆる日本有数のオフィス街などを想像できるような場合、それだけでもいいイメージがつくので、利用される場合も多いものです。

電話代行の具体的な種類としては、電話のみを転送する場合と、専門のオペレーターが直接対応をする場合があります。コールセンターも場合によっては、電話代行会社が請け負ってサービスを行っているところもあります。電話だけ転送する場合は特に必要としませんが、対応を含めた場合は、電話のほか人も直接対応することになるので、秘書代行も行っている場合もあります。もちろん、その際は、それ相応の知識も必要となります。いろいろな業種で活用されている電話代行ですが、保険代理店でも最近多く利用されてきています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket